Z1000Mk2 フレーム単体へ

マフラーカチ上げで位置がずれたスプリングフックを付け直します。   マフラーの加工はこれで終了。あとは耐熱塗料で塗装します。   マフラーステーを付け終わったフレームは、塗装に出すため全バラします。   フレーム単体になったところで、トーチが入らなかったタンデムステップ裏側の溶接をしておきます。 あとは、ステムベアリングのレースとハンドルロ…

続きを読む

Z1000Mk2 ミッション交換

ギヤ抜けする元のミッションの代わりに、Z1000の中古ミッションを手配しました。 外側に置いてあるのがダメになったMk2の交換対象のパーツです。   分解して各部を点検します。 どれも十分実用に耐えるようです。   アウトプットシャフトは下側にあるMk2のものを使います。 スプロケのスプラインが長いので使い勝手がいいですね。   &…

続きを読む

Z1000Mk2 メガホンマフラーのAMA風カチ上げ

ダミーエンジンを載せてマフラーのカチ上げ加工をします。 素材はPMC製です。 集合直後で切断し、短い曲がりパイプの角度を振ったりして狙ったカチ上げ角にします。   角度の見本としてご友人のMk2の画像をいただきました。 ステーも同じようにノーマルのカットでとのことです。   タンデムもされるということで、左右とも同じ長さに加工します。  …

続きを読む