Z1R2組み立て 電装品のレイアウト検討のつづき

搭載する電装品一式がそろったので、 より具体的にマウント方法などを検討します。 ・ ギリギリでしたが、現物にて平面的レイアウトが成立することが解りました。 ・ レギュレーターの上は十分な空間があり、 マウントプレート自体もヒートシンクとして放熱を助けてくれるでしょう。 ・ 点火コイルの内、追加の2個はフレームの下ににステーを溶接し、 ぶら下げる格好でマウントできそう…

続きを読む

Z1000J 鉄S1スイングアームのみのオーダー

現在の画像を元に鉄S1スイングアームにした場合の変更点を検討したうえで、 ホイール周りだけを送っていただきそれに合わせてスイングアームを製作します。 ・ 先ず現在のホイールアライメントを計測します。 スイングアーム内幅はノーマルより20ミリ広いことが解りました。 ・ チェーンラインも3ミリのスペーサーを入れて外に出しています。 ・ サンプルのスイングアームを合わせてみ…

続きを読む

Z1R2組み立て 純正新品ワンキー化

お客さまからの情報提供で、Mk2のシートロックのキーシリンダーが Z1Rに移植できる事がわかりました。 試してみます。 ・ キーシリンダーのストッパーを抜くために、 中央の長方形の穴のかしめを広げます。 ・ 中にあるプレートを引き出します。 ・ キーシリンダーが取り出せました。 同様にMk2のキーシリンダーも取り出します。 ヘルメットロックも同じキーシリンダーで…

続きを読む

Z1R2組み立て キャリパーサポート製作

今回使用する旧タイプのロッキード2ポッドキャリパーですが、 取り付け穴の位置が現行品と少し違うので、 サポートの形状を新規に起こします。 先ず、ローター外周にクリアランス用の針金を取り付けます。 針金の直径は数種類用意しておきます。 ・ そこにキャリパーをかぶせてサポートの形を決めます。 ・ 型紙に沿ってジュラルミン板を切り出します。 ・ リヤのサポートはデータ通…

続きを読む

1000Jレーサー エンジン慣らし

今回、カムチェーンテンショナーはニンジャ系を流用してみました。 ・ 外観はS1風で、コンパクトでもあり便利です。 ・ イグニッションコイルはDYNA2000用のコンパクトタイプを付けます。 ブラケットは純正より8ミリほど長くなります。 ・ エンジンとのクリアランスは大丈夫です。 ・ オレンジキャップとシリコンコードを装着します。 ・ とりあえず、点火カー…

続きを読む