Z1000Mk2 I.M様 スイングアームの加工

既存のアルミ角パイプ製のスイングアームの一部に、 オイルキャッチタンクの機能を持たせます。 先ず、ピボット側のBOX部分には、上側にホース口を取り付けます。 ・ 全体にアルマイト処理されているので、溶接部分のアルマイトは剥がしておきます。 …

続きを読む

Z1000Mk2 I.M様 バックステップ取り付け準備

スイングアームの根元の箱部分をオイルキャッチタンクにするので、 バッテリーケースを上に移動してスペースを開けます。 フレームの仕上げや溶接もあるので、ピボット周りは一度全部取り外します。 ・ メインハーネスやレギュレーターなどは既に新品交換されています。 未交換の、バッテリーからメインヒューズに向か…

続きを読む