Z1000J S.T様 エンジン腰上分解

コンプレッションを計測してから、エンジン腰下を分解します。 値は11.0~12.0kg/cm2と高めですが、 クランキング回転数が高かったせいだと思います。始動系が強力のようです。 ・ カムホルダーボルトのトルクは問題なし。 ですが、全数とも緩めるときに渋いのでネジに問題ありそうです。 ・ シリンダー右側のM6ボルトは、トルクが掛らず空回りします。 ・ ヘッドは面研も無く、…

続きを読む

Z1000Mk2 W.T様 エンジン腰上分解

コンプレッションを測ってからエンジン腰上を分解します。 値は8.0~9.0kg/cm2なので、冷間時としても少し低めです。 ・ ヘッドカバーの裏にはカムチェーンが当たった痕があります。 ・ テンショナーが劣化して戻ってしまうのでしょうか。 ・ カムホルダーボルトのトルクを確認したら、 エキゾースト側4ヵ所でトルクが抜けました。 ・ 黄色いマークのところがトルクが掛らな…

続きを読む