Z1000Mk2 K.H様 トラススイングアーム製作のつづき

ねじれを確認しながら少しづつ溶接していきます。 ・ メインのパイプを溶接したら、ここでタイヤの逃げ加工をします。 ・ ジグを使ってスイングアーム本体の内側をつぶします。 ・ 最大で約10ミリつぶします。 これで内幅165ミリ強となり、α13Zの150/70が入るようになります。 ・ つぶし終わったところ。 ・ α13Zの150/70を履いたホイールをあてがってみます。 …

続きを読む