Z1000Mk2 W.T様 エンジン分解点検 その1

アウトプットシャフトのガタを発見したので、 クランクケースの下側を割って点検します。 ・ 先ずはエンジン下ろしから。 ・ エンジンを逆さまにして、クランクケースを分解します。 ・ オイルパンを外すと、ザクザクと異物が出てきます。 ・ 手に持っているのはカムチェーンガイドの破片です。 1年前の腰上オーバーホールの際には交換していますが、 それより前からの破片が落ちていたようで…

続きを読む

Z1000Mk2 K.H様 マフラーのカチ上げ 続き

サイレンサーブラケットを止めるボスは、 ワークス車同様、既存のフレームを一部残してそこに溶接します。 ・ マフラーを仮組して角度を決めます。 ・ そのまま集合直後の接合部を仮溶接します。 ・ 一旦外して本溶接します。ストレート部の延長は今回40ミリとしました。 ・ サイレンサーも折れ角を広げて再溶接して組み立てます。 ・ サイレンサーブラケットの三角プレートを切り出して仮付…

続きを読む

Z1000Mk2 W.T様 アウトプットシャフトのガタ

エンジン回転を上げても電圧が上がらない症状のMk2、 レギュレーターは問題無いことを確認の上、ステーターコイルを交換してみます。 ・ 使用するのは社外製の新品です。 ・ ステーターコイルを交換します。 ・ 元のコイルは、外観上は特に問題無さそうです。 コイル単相ごとの抵抗値は、規定値よりやや大きめでした。 ・ 新しいコイルも抵抗値は同じくらいです。 他に原因が見当た…

続きを読む