Z1000Mk2 K.H様 マフラーのセラコート完成

マフラーのセラコートが完成して戻ってきました。 検品を兼ねて取り付けてみます。 ・ マフラーは、新品のPMC製メガホンを現車合わせでカチ上げ加工したものです。 色はマットブラックで、内側もほぼ全部塗ってあります。 スチール製のマフラーですが、これで長期の耐久性が期待できます。 ・ 残り作業はほぼマフラーとタイヤのみ。 ・ フランジをエンジン側に取り付けます。 差し込み…

続きを読む

S1レプリカ加工のご紹介 オイルクーラー編

ワークスレーサーと同様に、 側面に8個ずつ穴の開いたオイルクーラーコアを作ります。 ・ 当時のコアは初めから穴が開いていたのですが、 現行品は穴無し、耳有りなので加工してレプリカします。 ・ コアの素材はアールズの現行品、9インチ13段です。 先ずは耳を切り落とします。 ・ 4角の耳がカットできました。 ・ 型を当てて穴位置にポンチします。微妙に不等ピッチなのがミソ…

続きを読む

S1レプリカパーツのご紹介

お問い合わせがありましたので、S1レプリカパーツを改めてご紹介します。 ・ 弊社製作のS1キャリパーがこちら。 CP2696用パッドに対応させたのが特徴で、 数あるレーシングパッドが使用できます。 現在開発中のため、発売時期は未定です。 主に機械加工のコスト高が改善項目です。 ・ こちらは資料用のハイポイント製です。 取り付けがはCP2696ピッチとS1キャリパーピッチの2…

続きを読む

Z1000J電気式スピードメーターのセンサー改良

先日のセンサー不具合の対策として、回路中に抵抗を入れることにしました。 中央の3本脚がホールセンサー、左側がカーボン固定抵抗10kΩです。 ・ ホールセンサーにリード線をハンダ付けします。 ・ センサーメーカーの案内に従って回路に抵抗を入れます。 これにより、センサーへの過電流を防止します。 ・ センサー全体像です。 ・ 収縮チューブで被覆します。 ・ 台上で動作…

続きを読む

Z1000J1 S.K様 ハンドルスイッチ交換

信頼性向上のため、ハンドルスイッチを新品に交換します。 ・ 現在は当時物の純正品です。 ・ スロットル側は純正を幅狭に加工してありました。 ・ 今回使用するハンドルスイッチの左側にはW650純正品を使用します。 位置決めの突起は削除しておきます。 ・ ウインカーが便利なプッシュキャンセルになります。 配線は、スターターロックアウトスイッチの線を削除するのみで、 …

続きを読む