GPZ1100R M.M様 コンロッドベアリングの摩耗

ヴォスナーのピストンに合わせ、シリンダーのボーリングが完成しました。 ・ エンジンのオーバーホール作業を再開します。 ヘッドは分解洗浄し、バルブのカーボンを落とします。 ・ ペーパーで研磨します。 ・ 続いて、ヘッドサイドのオイルパイプは、 ボルトの6角穴が舐めてしまっているので外せません。 ・ タガネで段を付けて、叩いて回します。 ・ 燃焼室のカーボンはリムーバ…

続きを読む