ポリスで奥多摩

イメージ 1
ナンバー取得後の初ツーリングです。
まずは様子をみながらそろりそろりと奥多摩へ行きました。
下みちの混雑を避けて八王子まで中央道、
その後五日市側から登って、青梅側に下りてきました。
 
走行中はカウルのビビリ音がひどく、エンジンノイズがよく聞き取りにくいほどです。
はじめはこのエンジン大丈夫かな?と何度も思いましたが、ほとんどがカウルからの音とわかり、
だんだん回転数と負荷を上げていくと、Jの片鱗が見えてきました。
5000rpm位まで回すととても小気味よいエンジン音になります。
パワーはそこそこですが、ワインディングを走らせても楽しいものだとは思いませんでした。
 
まだキャブが本調子ではなく、ごく低開度では少しバラつきます。
キャブクリーナーをタンクに入れておいたので、走行するに従ってだんだん調子良くなってきましたが、
キャブは再度診ることにします。
 
ヤフオクの説明文に、「エンジンはOHベース」と書きましたが、ちょっと脅かしすぎたかも。
保証はできませんが、8万キロ超のこのエンジン、まだまだいけそうです。
 
 
 
 
 


この記事へのコメント