エンジンの送り方

ZRX1100改 130PS仕様エンジンの出荷の様子です。
イメージ 3
木製パレット+古タイヤ+エンジンと載せ、上下を縛ってヤマト運輸さんの営業所へ運びます。
エンジンはタイヤの上で前倒しにされており、
梱包込みの総重量は約100kgなので、ヤマト便の100kgクラスで発送です。
送料は意外に安くて、都内2,310円 大阪3,670円 福岡5,290円 などです。
重いので営業所の方に手伝っていただきながら、トランポから降ろしています。
 
イメージ 4
これも別のZRX1100改 130PS仕様エンジンを出荷したときの荷姿です。
前倒しの様子が解りやすいかと思います。
 
これがZ1000Jなどの空冷エンジンの場合は、壊れやすいフィンがあるので、
きちんと正立させて梱包します。
イメージ 5
イメージ 6
 
逆に、こちらにエンジンが送られて来るときの荷姿をいくつかご紹介。
イメージ 7
台車に載せられたまま台車ごと来るパターン。このまま一人で運べて便利ですが、
台車(新品!)代も送料に加算されます。
 
イメージ 1
ポリケースに入れられて来るパターン。
セメントをこねるケースで非常に丈夫なので、2人いればケースを持って運べます。
こちらもケース(新品!)代は送料に加算されます。
でも、このケースが意外と重宝するので助かりますが、上の台車と同じくだんだん溜まっていくので・・・。
 
イメージ 2
最後にダンボールとエアキャップだけで梱包されて来るパターン。(台車はこちらの物です。)
これは非常に持ち難いので、三人がかりでやっとです。
これは梱包料は請求されません。
 
他にも、木枠できっちり囲われて来たものや、直接取りに行った場合などは裸のままが多いです。
 
リッタークラスのエンジンは単体で85kg前後と重いので、皆さん苦労されているようです。
ちなみに、こちらから発送する場合は、いまのところ梱包料は頂いておりません。(^^)
 
 
 
 


この記事へのコメント