難有りJエンジン分解

難有りとしてヤフオクに出品していたJエンジン、入札がまだなかったのでOHするために早期終了させました。
実動ということでエンジン単体で入手していたものです。
早速分解します。
イメージ 2
イメージ 3
インナーシム可されていました。
イメージ 4
燃焼室は特に問題なし。実動していたようです。
イメージ 5
ピストンは1000Jの1ミリオーバーサイズ。
イメージ 6
シリンダースタッド四隅のOリングは、変形して完全硬化。
イメージ 7
オイルパンはスラッジで真っ黒です。
イメージ 8
ミッション、クランクケースは、大きなダメージもなく再使用できそうです。
イメージ 9
難有りの元はこのクランクで、テーパー部分がカジっています。
イメージ 1
これでは使えないので、クランクは交換します。
全体としては、十分OHベースとしての可能性があるので、追って精密にチェックしていきます。
 
このように、「実動」という意味は、「OHのベースとして可能性がある」くらいに考えておいた方がいいと思います。
古いエンジンは、実動していたからといって、分解点検せずにそのまま使用するのはハイリスクです。


この記事へのコメント