折れたピストンリングが出てきたZ1が完成しました

オイルパンから折れたピストンリングが出てきたZ1の修理も最終段階を迎えました。
シリンダーを組み付け、ヘッドを付けたらM6ボルトのネジ山が上がってしまいました。
イメージ 1
 
しょうがないのでヘッドを外し、ヘリサートで修理します。
イメージ 2
 
ヘリサートを入れたら、長いボルトで奥まで入るか確認します。
イメージ 9
 
ヘッドガスケットはメタル製の1.4ミリ厚。オーナーさんのお持ち込みです。
イメージ 10
 
イメージ 11
 
後はマニュアル通りにビルドアップ。
イメージ 12
 
腰上は完成です。
イメージ 13
 
オイルパンのゴミも取り除き、
イメージ 14
 
イメージ 15
エンジンは完成したのですが、
ブレーキペダル軸のナットを止めるネジが折れていたので、ネジ山を作ってボルト止めにします。
イメージ 16
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
最後に電装回りをチェックしていたら、元々のメインヒューズが接触不良で発熱し、
BOXが溶けていました。
イメージ 5
 
イメージ 6
 
暫定で、端子を磨いてヒューズは交換し、接点復活剤を付けて復元します。
後日、板ヒューズBOXに変更予定。
イメージ 7
 
ヒューズが1本しかないZ1にはよくある症状なので、定期的に点検する箇所です。
 
作業が終わって、晴れて納車となりました。
あともう少しダメ出しすれば快調に走れるようになりそうです。
 
オーナーさん自らセッティングしたCVRとTPS付きのZ1でした。
イメージ 8


この記事へのコメント