KRキャリパーのアルマイト色試作と互換ピストンシール

今までの試作品の中で、色が暫定だったもののアルマイトをやり直してみました。
再アルマイト前のものはこちら。
イメージ 1
 
再アルマイト後はこちら。
今回のアルマイト色は2色です。
イメージ 2
 
左はロッキード風をイメージしましたが、加工部分の色はいい感じですが、
鋳肌部分の色は少し青みがかってしまいました。
右はS1風の色にしてみました。
一番右の一つは当時のハイポイント製です。
ハイポイント製よりも本物っぽく仕上がったと思います。
いずれにせよ、鋳物のアルマイトは発色が悪く、業者さんでもあまりやりたがらないのですが、
いつもお世話になっている大田区のサンライズさんには無理を聞いてもらっています。
 
ロッキード色のKRキャリパーは、より古い年代の物に見えますね。
Mk2などに合いそうです。
イメージ 3
 
本物S1キャリパーは、パッドはV-MAX用が合うのは知られていますが、
最近、シールも適合するものを見つけました。
φ48.1ミリのこれです。
イメージ 4
 
スズキ アルト用の社外品シールキットです。ミヤコ自動車から販売されています。
厚みは同じ3ミリですが、幅(奥行方向)が本物4ミリに対しこちらは3ミリと、少し狭いです。
左がアルト用、右がS1キャリパー用でエッジが傷んだものです。
イメージ 6
 
キャリパーにはめてみるとほぼぴったりでした。
イメージ 5
 
傷も癒えてバイクに乗れるようになったら、しばらく走行テストして見ます。
 


この記事へのコメント