KRキャリパーのブレーキパイプ製作

KRキャリパーを分解点検したので、傷んだところを直していきます。
ブレーキパイプは何度も脱着したので、ナットがだいぶ傷んだものがあり、交換することに。
新規にブレーキパイプを製作します。
 
まず、長いパイプから必要な長さを切り出します。
イメージ 1
 
3本分切り出しました。
イメージ 2
 
パイプの端をダブルフレア加工します。
専用の工具はこちら。
イメージ 4
 
先ず、パイプを治具にセットします。
イメージ 5
 
2種類のフレア治具で、2段階に加工します。
イメージ 6
 
ハンドルを回すことで内部のシリンダーに油圧が発生し、プランジャーを強力に押し込んでいきます。
この際、先端部は回転せずに押し付けられるので、芯ズレせずに高確率でうまく成形できます。
イメージ 7
 
ダブルフレアの完成です。
イメージ 8
 
後はナットを2個通して反対側を同様に加工します。
イメージ 9
 
両端のダブルフレアができたら、専用のプライヤーでパイプを人力で曲げます。
普通のベンダーより、このプライヤーの方がナットの際から曲げられるので、
張り出しを最小限に抑えられます。
イメージ 10
 
両側を曲げてパイプは完成です。
イメージ 11
 
最後はキャリパーに付けるだけ。
イメージ 3
 
 


この記事へのコメント