Mk2のトラススイングアーム

Mk2のAMA仕様を真似て、トラス形状の補強を入れます。
先ず、いらないステーを削除して、綺麗に均しておきます。
イメージ 1
 
ついでに幾つか作っておきます。
イメージ 3
 
タイヤと干渉する部分をプレスで潰します。
イメージ 4
 
アール状の治具で形状を一定にします。
イメージ 5
 
150/70-18のα12が入るように、内幅を170ミリにします。
タイヤの実測幅は160ミリあるからです。
イメージ 2
 
450のワイドモーリスでクリアランスを確認します。
イメージ 6
 
次は補強バーを仮組みし、端面を摺り合わせしていきます。
イメージ 7
 
つづく


この記事へのコメント