赤いニンジャ HID取り付け

納車整備と合わせ、何点か仕様変更のご依頼を承りました。
先ず、ロータイプハンドルへ交換します。
元々、かなりゆったりしたポジションでした。
イメージ 1
 
ブラックのロータイプハンドルになり、ハンドルブレースも無くなり、
だいぶスッキリとした印象になりました。
イメージ 7
 
バイクのキャラクターが戦闘的でしたので、それに合わせたポジションの変更です。
イメージ 12
 
次は、HIDの取り付けです。
使用するのはお持ち込みいただいた、一般的な1灯式バイク用のキットです。
イメージ 8
 
カウルの隙間にこれだけの物を収めていきます。
イメージ 9
 
HIDのバルブはH4と互換性があるタイプですが、後ろが大きくなっているので、
カウルステーとのクリアランスはほぼゼロです。
イメージ 3
 
組み込むヘッドライトはリングポジションタイプなのでポジションバルブが左右で2個あり、
リフレクターが2重になっています。
イメージ 6
 
バルブを止めるスプリングが奥まっていて、HIDバルブの出っ張りに指が当たって届かないので、
クリップ外しの二股になっている柄を使い、セットしました。
イメージ 5
 
ダストカバーは割りを入れて元通りに装着できました。
イメージ 4
 
大きなバラストは、ホーンとファンリレーで埋まっている左側の反対に設置します。
イメージ 11
 
上下カウルステーの間にちょうど収まりそうなので、ゴムホースを緩衝材にして取り付けます。
イメージ 13
 
イメージ 10
 
他に、2、3のユニットを左右に振り分けて、ハーネスを束ねていくと結構ギュウギュウになりますが、
カバーをすればほぼ全部隠れます。
イメージ 14
 
独特のジーーーという音とともに点灯しました。
イメージ 2
 
後は、ETCとDefiの水温計埋め込みです。


この記事へのコメント