赤いニンジャ Defi水温計とETCインジケータービルトインメーター

奥の赤いニンジャ、次の仕様変更箇所はメーターです。
イメージ 1
 
Defiのタコメーターをビルトインしてあったので、
Defiの水温計を追加することになりました。
イメージ 2
 
イメージ 9
 
先ずガラスを外します。
イメージ 10
 
内径を拡大すると同時に、高さも低くします。
イメージ 11
 
荒削りして、大まかな位置を決めます。
イメージ 12
 
基盤にも干渉するので、ザックリと切り落とします。
メーター照明のソケットもホンの少し当たるので削りました。
イメージ 13
 
メーターリングは黒く塗って、
イメージ 7
 
シーリングを兼ねてボンドで表のカバーに固定します。
イメージ 8
 
やってみて、改めて限界の大きさだったなと思います。
イメージ 14
 
ついでに、ETCのインジケーターも、空いているところにビルトイン。
イメージ 15
 
インジケーターを仕込んだところはブラインドなので、小さな穴を開けておきます。
イメージ 3
 
メーターから出てくる配線は、元々のメーターハーネスとETC用、水温センサー用の3本です。
イメージ 16
 
今回こだわったのは、他のメーターと違和感が無いように、高さを低くしたことです。
イメージ 4
 
一応組みあがったので、車体に繋いで動作チェックします。
イメージ 5
 
夜間は相対的にノーマルメーターが暗く感じますが、
日中は特に見え方に差はありません。
Defi以外の電球は全てLED化してあります。
ニュートラルの2つ左がETCインジケーターです。
イメージ 6
 
動画はこちら


この記事へのコメント