角Z1000 エンジンカバー色のノーマル化

 
全体的にちょっとブラックすぎるとのことで、エンジンカバー類をノーマルのアルミ地にすることになりました。
イメージ 1
 
エンジン内部は初めて確認したのですが、かなり綺麗なエンジンでほっとしました。
分解も初めてされる「うぶ」なエンジンです。
イメージ 2
 
塗装を剥離し、表面をサンディング→バフ掛け→ぼかし と進めていきます。
イメージ 3
 
目立つキズは削り取って消していきます。
イメージ 4
 
ジェネレーターカバーを外したついでに、よくオイルするグロメットを配線ごと新しい物と交換します。
イメージ 5
 
イメージ 6
 
顔を洗ったように、さっぱりした気分です。
イメージ 7
 
イメージ 8
 
ヘッドカバー端などは、後日剥離します。


この記事へのコメント