ちょっと車歴のご紹介 その4

イメージ 1
 
1995年にDOBAR1マシンが黒金まで進化しましたが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元は3万50000円の、キックも降りないZ2 A4でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
レストア癖はつづき、今度はH2のボロを輸入してもらいました。
 
こちらもキックが降りない代物です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先ずは全バラ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キックが降りない原因は、ピストンリングとシリンダーの錆による固着でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
無謀にも、DOBAR1に持ち込んで、MONSTERとダブルエントリー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にわかカワサキワークスライダーの多い大会でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全車無事完走。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
ちょっと飛んで2000年
これまたキックの降りないZ1Rを見つけて即購入。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘッドを開けてみると、シリンダーには水が溜まっていた形跡が。
4気筒とも完全固着状態です。
これ以上分解するのは後回しにして、
別の方法で新規登録することに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スペアの1100GPのエンジンで登録してみました。
元のエンジンは、今でも友人のガレージで、そのままの形で眠っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その頃、トランポはワゴン車とトレーラーでしたが、
必要以上に巨大化していきました。
イメージ 5


この記事へのコメント