青いニンジャのエンジン換装 エンジン降ろし

エンジン換装に必要な部品も揃ったので、夕方からエンジン降ろしです。
今回のメニューは、ZRX1100ヨシムラカム入り143PSエンジンに換装、
FCR39、ダウンチューブ追加などと、
交換部品は必要最低限にとどめた仕様になる予定です。
マフラーや冷却系は変更なしです。
イメージ 1
 
各部を点検しながら、約2時間でエンジンが降ります。
イメージ 2
このエンジンは後日処分します。
ニンジャのノーマルエンジンはあまり需要が無いようです。
 
マフラーはこのニンジャ用をそのまま使うので、
ZRX1100エンジンの一部を改造します。
イメージ 3
 
エキパイをヘッドにあてがってみると、
スタッドの座面の高さがフランジ面より高いことがわかります。
ここを約5ミリ削って低くします。
イメージ 4
 
スタッドのメネジは、元々下穴が深いので奥までネジを切り足します。
スタッドボルトも2ミリほどカットします。
イメージ 5
ヘッド側を加工しておけば、今後他のニンジャ用マフラーにも変更可能です。
オイルパンはマフラーと合わせてニンジャ用を移殖します。
 
明日はその加工と、エンジン搭載の予定です。
 
 


この記事へのコメント