青いニンジャ ZRX1100エンジン搭載

 
エンジンを載せる前にエキゾーストスタッドのボスを5ミリほどカットします。
ニンジャ用マフラーを付けるための加工です。
イメージ 1
 
大きく皿もみして荒削りしたら、
イメージ 2
 
あとはベルトサンダーやリューターで成形していきます。
イメージ 8
 
カットして雌ネジが短くなった分、できるだけ奥までタップを通しておきます。
イメージ 9
 
ここまでボスを削っても、スタッドが入る雌ネジは15ミリ確保できます。
イメージ 10
 
次はZRXエンジンを積む際のマストアイテムの加工です。
上のZRXエンジン用パイプに、下のニンジャ用パイプから切り取った中間部分を移植して、
サーモスタットのマウントを形成します。
イメージ 11
 
溶接が済んだら水中で漏れチェックをしておきます。
イメージ 12
 
下準備が済んだらエンジン搭載です。
イメージ 13
 
今回は市販の一般的なアンダーフレームを使うので、
仮り付けして周辺部品との競合をチェックします。
それと、ヘッドが止まっていたフレームの10ミリボルト穴とダウンチューブを結合するので、
ステーの形状を検討します。
イメージ 14
 
エキパイも仮付けし、アンダーフレームとのクリアランスを確認しておきます。
イメージ 15
 
細めのエキパイだったので、クリアランスは十分取れるようです。
イメージ 3
 
代わりにウォーターパイプとエキパイが干渉するので、
ウォーターポンプごとニンジャ用を移殖することにします。
イメージ 7
 
後からサーモスタットハウジングを付けるには、今回は分解しないとダメでした。
イメージ 4
 
他にも、ブレーキレバーとダウンチューブのボスが干渉するので、
ここは双方を削って対処します。
イメージ 5
イメージ 6


この記事へのコメント