Mノズルのデータ取り

TOTを控え、いろいろ変更した部位の点検などのためチェック走行してきました。
 
ピボットベアリング部分をそっくり交換修理したスイングアームの調子、
オイル漏れのため新しく交換したリヤショックの作動、
モディファイしたS1タイプキャリパー、S1ステムなどなど。
 
それから、Mノズルを組み込んだCRキャブのデータ取りです。
空燃費計で計測しながら、体感との整合性を把握しておきます。
イメージ 1
中央道の下り線談合坂SAまでで、Mノズルの一通りデータをとったら、
その場でCRの元のプライマリーチョークに交換して、
帰り道はCRのオリジナル状態のデータを取り、比較します。
 
一番左はCRのプライマリーチョークに交換済み。
その左はまだMノズルが付いています。
イメージ 2
 
スロットルを上げて、中子を浮かしてやると直ぐに交換できます。
まめしばさんのブログで手順が紹介されていました。
キャブセッティングの出先でプライマリーチョークまで外すことはありませんでしたから、参考になりました。
イメージ 3
 
帰り道、暗くなってしまったので、
街灯の明かりの下でニードルのクリップ段を変えるのには難儀しました。
イメージ 4
 
それぞれの一番いいセットを元に、土曜日のTOT前日走行で、
Mノズル有りと無しを実走で比較してみます。


この記事へのコメント