Z1000Mk2 AMAタイプオイルクーラーステー製作

アッパーブラケットは鉄板で作り、フレームに直付けします。
イメージ 1
 
下側のステーはジャッキアップポイントにもなるので、フレームに頑丈に溶接します。
イメージ 2
 
ロアブラケットはアルミ板で作ります。
形状は1000Jの物とほぼ同じですが、Mk2の時代は下側にリブがなかったようです。
イメージ 5
 
上下で挟み込むのでバンドは不要です。
イメージ 6
 
垂直マウントでも、ハンドル切れ角は犠牲になりません。
イメージ 7
 
イメージ 4
 
オイルクーラーホースの取出しは、狙った向きになるように製作します。
先ず、アルミの厚板からブロックを切り出します。
イメージ 8
 
穴加工したらAN8のニップルを溶接します。
イメージ 9
 
イメージ 10
 
ホースはブリーザーカバー横の谷間を通るように設定。
イメージ 11
 
イメージ 12
 
キャブ周りに被らないようになります。
イメージ 3


この記事へのコメント