Z1000Mk2 AMAタイプオイルクーラーホースとマフラーステー製作

オイルクーラーコアとオイル取出し口が決まったのでホースを製作します。
イメージ 1
 
長さは約110センチです。
黒いところは収縮チューブを巻いてあります。
イメージ 9
 
ホースはエンジンの上を通り、
イメージ 10
 
大きく後ろに迂回してから取出し口へ。
イメージ 11
 
イメージ 12
 
ホースはなるべく空間に出っ張らないように、キャブの整備性を優先したルートです。
イメージ 13
 
ついでにコイルはシート下に移設します。
イメージ 6
 
バッテリーの脱着は、コイルセットを少しずらしてから行います。
イメージ 7
 
サイレンサーは、実車の場合タンデムステップの一部を残して吊っているようなので、
同じ位置に短いパイプを溶接してマウントします。
三角プレートは、後日修正することに。
イメージ 14
 
イメージ 15
 
1000Jレーサーのときよりカチ上げになります。
イメージ 2
 
センタースタンドのステーはマフラーと干渉するので曲げておきます。
この辺は、後日フレーム単体にした時にまとめて削除します。
イメージ 3
 
スイングアームとマフラーも、タイトな感じでレイアウトできました。
イメージ 4
 
実車はマフラーステーがもう少し短いようなので、
サイレンサーはもっとカチ上げになっているようです。
イメージ 5
 
 
イメージ 8


この記事へのコメント