Z1000Mk2 フルレストアへ

予定外にエンジンを下ろすことになったMk2、
予定していた作業がやり易くなった部分もありました。
イメージ 1
 
スイングアームのトルクロッドマウントは、キャリパーを下に移動したので不要になり削除します。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
KERKERマフラーはAMAローソン車のようにカチ上げるので、ステーを一旦削除、
短く切り詰めて付け直します。
イメージ 4
 
エンジンが降りていないとできないのが、センタースタンドブラケットの全削除です。
イメージ 5
 
これをするとかなりすっきりします。
イメージ 6
 
イメージ 7
 
サイドスタンドも脱着式でコンパクトな物に変更。
イメージ 8
 
左のタンデムステップも、右に合わせて切り詰めてから再度取り付けます。
イメージ 9
 
削ったところは簡単に塗装しておきましたが、
せっかくだからフレームのパウダーコートを検討することに。
エンジンも合わせて塗装する方向に。
イメージ 10
 
ということは、マフラーステーを塗装前にフレームに溶接しておかなければならない→エンジンが必要  (゚o゚;;
 


この記事へのコメント