Z1000Mk2 ミッション交換

ギヤ抜けする元のミッションの代わりに、Z1000の中古ミッションを手配しました。
外側に置いてあるのがダメになったMk2の交換対象のパーツです。
イメージ 1
 
分解して各部を点検します。
どれも十分実用に耐えるようです。
イメージ 2
 
アウトプットシャフトは下側にあるMk2のものを使います。
スプロケのスプラインが長いので使い勝手がいいですね。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
上が元のMk2のギヤ。下がドナーのZ1000のギヤ。
程度がいいので全てを入れ替えることにします。
イメージ 5
 
右のZ1000用はほとんど摩耗がありません。
イメージ 8
 
左側がよくギヤ抜けしていた元の4速ギヤ。
右側のZ1000のギヤのドグも少し摩耗が見られますが十分実用範囲です。
イメージ 6
 
移植が決まったので、軽くバリ取りしておきます。
イメージ 7


この記事へのコメント