Z1000Mk2 フレーム単体へ

マフラーカチ上げで位置がずれたスプリングフックを付け直します。
イメージ 1
 
マフラーの加工はこれで終了。あとは耐熱塗料で塗装します。
イメージ 2
 
マフラーステーを付け終わったフレームは、塗装に出すため全バラします。
イメージ 3
 
フレーム単体になったところで、トーチが入らなかったタンデムステップ裏側の溶接をしておきます。
あとは、ステムベアリングのレースとハンドルロックのシリンダーを外せばOK.。
塗装はダイヤモンドコートの予定です。
イメージ 4


この記事へのコメント