Jヘッド ハイカムの逃げ加工

スペアの1200ccエンジンのカムを今よりもう少し高いハイカムに交換するので、
ヘッドにカムの逃げ加工をします。
ベースは1100GPのエンジンです。
イメージ 1
 
今回入れる予定のWEBカム #109 です。リフトは吸排ともに10.8ミリです。
イメージ 2
 
GPなどのヘッドは元からカム山の逃げがあるので、ほんの少し削るだけです。
イメージ 3
 
場所によって必要な削り代は異なりますが、このヘッドではここが一番削りました。
イメージ 4
 
ヘッドカバーガスケットの当たる面の縁の内側を削ることもあります。
イメージ 5
 
別のエンジンではまた削り代が違います。
今度はJ1のヘッドです。
イメージ 6
 
カム山の逃げが全く無いので、当然削り代は多くなります。
イメージ 7
 
リフト10.8ミリのカムでは完全にぶつかります。
イメージ 8
 
当たるところだけ削るとすると、だいたいこのくらいの削りになります。
イメージ 9
場所によって削る量は変わります。違うヘッドはまた違った削りになるでしょう。
 
INT #1 #2
イメージ 11
 
INT #3 #4
イメージ 10
 
EXH #1 #2
イメージ 13
 
EXH #3 #4
イメージ 12
 
Z系ではもっと削り代は多くなり、ヘッドカバーの裏側も削ることがあります。
ヘッドカバーガスケットを厚くしても大丈夫です。


この記事へのコメント