Z1000Mk2 フレーム塗装の準備

ダイヤモンドコートを施工するフレームからは、取れるものを全部取っていきます。
先ずハンドルロック。
イメージ 1
 
次にステムベアリングのアウターレース。
元々テーパーローラーベアリングが入っていました。
プーラーの引っ掛かりが無いのでレースは削って取ります。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
やり残していたタンデムステップステーの裏側の溶接も済ませます。
イメージ 4
 
新たにトルクロッドブラケットをスタビの下側に取り付けます。
イメージ 5
 
暫定で元はスタビにネジを埋め込みしていましたが、
新たに採用したキャリパーサポートにアライメントを合わせました。
イメージ 6
 
よりワークス車の形状に近くなりました。
イメージ 7
 
三又とスイングアームのベアリングも抜いて、これでダイヤモンドコートする部品の準備は整いました。
イメージ 8
 
 
 


この記事へのコメント