Z1000J丸スピードメーターの調整 その2

スピード調整用の可変抵抗を500kΩに替えて再度テスト走行します。
校正用にiPhoneアプリのスピードメーターをハンドルにセットして走ります。
イメージ 4
結果、スピードは正しい指示に校正できることが解りましたが、
針の振れが大きいので対策が必要です。
走行中にクラッチ握ってエンジンを止め、惰性で走ると振れは止まります。
エンジンノイズや供給電圧の脈動を拾っているようです。
 
イメージ 1
 
ノイズ対策としてセンサーハーネスをシールドしてみます。
アルミホイルで包んで一端をアースします。
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
結果はほとんど改善せず。さらに対策が必要のようです。
 
 
 


この記事へのコメント