Z系カムチェーンテンショナーの現実

イメージ 1
 
 
調子良く走っているデモ車のFX1ですが、
別件でたまたまエンジンオイルを抜いたところ、
オイルを捨てたあとのオイル受けを見たら、
細かくて黒いゴムの粒が大量に残っていました。
出どころはあそこしかない!ということで緊急開腹手術です。
イメージ 2
 
入手してからはまだエンジンを開けていませんでした。
コンプリート販売する前までにはエンジン分解点検をする予定でしたが、
前倒しで腰上だけでも診ておきましょう。
 
カム周りは問題なし。
イメージ 5
 
燃焼室はカーボンの体積が多め。
最近の高速走行で、少しカーボンが焼け落ちた感じです。
イメージ 3
 
ピストンのカーボンは、燃焼室に比べると少なめ。
だいぶ飛んでいったようです。
イメージ 4
 
ピストンは純正オーバーサイズ、Φ71ミリでした。
シリンダーもピストンも概ね良好ですが、
ピストンリングの摩耗はだいぶ進行していました。
長い走行距離の結果というより、冷間始動回数が多いという感じ。
イメージ 9
 
黒い異物の出どころはこちら。
テンショナーローラーは原型をとどめていません。
イメージ 6
 
右側が最近の新品カワサキ純正部品です。
ローラーはほとんどがゴムなので、どんどん小さくなっていきますが、
これでも機能しているところはさすがカワサキです。
イメージ 7
このくらいだと、特に異音もせずに調子良く走ってしまいますが、
しばらくメンテしていないZ系のエンジンの現実です。
 
脱落し易いカーボンだけ取り、
カムチェーンローラー一式を新品交換したら復元します。
いづれ、お客様の希望される仕様になるであろうその時まで延命します。
イメージ 8
 
オイルパンも外して掃除する予定。
ガレージの大掃除はそのあとでやります。
イメージ 10


この記事へのコメント