Z1000Mk2 フレームのダイヤモンドコート完成

西村コーティングさんまで、ダイヤモンドコートが終了したフレームを引取りに行きました。
イメージ 2
人気のあるダイヤモンドコートですが、
スタッフの方に作業方法を伺ってみましたが、
「企業秘密」ということで詳しくは教えていただけませんでした。
粉体塗装ではなく、ガンで吹いて塗る塗装ではあるようです。
 
ガレージに戻って仕上がりの確認をします。
今回塗装したのは小物も含め17点になりました。
イメージ 1
 
 
イメージ 3
色は、ノーマルフレームに一番近い8分艶としました。
塗膜も比較的薄く、溶接ビードもはっきり見えるので、
ノーマルの質感が保たれています。
 
イメージ 4
 
塗装の確認を終え、気になっていた部分を修正します。
ステムベアリングのハウジング内に古いキズがありました。
ノーマルのアウターレースを抜く際に苦労したのでしょう。
斜めにしてしまった時に付くキズです。
イメージ 5
 
キズの周りがかなり出っ張っていたので修正します。
イメージ 6
 
これで元通りの真円に近づいたことでしょう。
イメージ 7


この記事へのコメント