750FX タンクの改造 Wコックとブリーザー

タンクを塗装に出す前に、ブリーザーとコック周りを改造しておきます。
実車と同じザッパー用コックを使おうとすると、
左のコックはレバーがCRキャブに当たって回せません。
そこで、右側コックの追加とともに、左側も少し後ろにずらします。
イメージ 1
 
ベースプレートを切り出し、ナットを溶接します。
イメージ 2
 
15ミリ後方にずらした位置で左右対にコックを取り付けるので、
左右とも大きめに下穴を開けます。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
全周を溶接します。
イメージ 5
溶接したら面出しして、漏れチェックをしておきます。
 
 
次に、ブリーザー用のナットをキャップ前に取り付けます。
イメージ 6
 
イメージ 8
 
イメージ 7
 
ワークスレーサーと同様のWコック仕様ができました。
イメージ 9
 
CRキャブとのクリアランスもOK。
イメージ 10
 
色はKZ1000ーA4黒金になります。


この記事へのコメント