Z1000Jでウイリーしたらクランク大ズレ

日中、天気も良いので、
エンジンチューニングを検討中のお客様にこちらの1000Jを試乗していただきました。
私はお客様のZで同行です。
中央道でハイカムのフィーリングを体感していただき石川PAへ。
私が1000Jに乗り換えて出発。
加速の際、ちょっと激しくクラッチミートしてウイリーしたところ、
「ガチャン」と異音がしてエンジンが吹けなくなりました。
80キロ位では走れるのですが、エンジンから尋常じゃない振動が。
オーバーレブもしていたのでバルブ曲がりかな?と思いつつ、
様子を見ながらガレージへ戻ります。
 
まるでシングルエンジンのような振動の大きさから、
回転重量マスの大きい部分をまずチェック。
 
クラッチハウジングとジェネレーターローター周りは異常無し。
コンプレッションの低い1番を注目しつつ腰上を分解します。
イメージ 1
 
バルブクリアランスは正常だったのですが、
ピストンのバルブリセスにはくっきりとバルブのスタンプがありました。
イメージ 2
 
イメージ 9
 
ポート内にブレーキクリーナーを吹き付けて、
バルブのシーリングをチェックしましたが漏れは無し。
バルブ曲がりはあっても軽症で、振動の原因は他にありそう。
イメージ 3
 
よく見ると、1番4番のピストンの高さが違うのに気づきました。
イメージ 4
 
ピストンを外してクランクをよく見ると、
4番が後ろにかなりズレています。
イメージ 5
 
クランクが大きくズレたための大振動だったようです。
イメージ 6
 
イメージ 7
 
という訳でクランク交換することに。
イメージ 8


この記事へのコメント