角Z1000 エンジンOH いよいよ開始

去年の8月に入手されて以来、徐々に進化してきましたが、
途中、エンジンに問題を抱えていることがわかり、
応急処置して乗っていただいていました。
その間、リミッターを6000rpmとしていました。
今回、ようやくエンジンオーバーホールに踏み切ることになりました。
イメージ 6
入手後ほどなくエンジンを点検した際、
カムチェーンガイドローラーの破損を発見し交換しました。
撮影 2013年9月24日
イメージ 1
 
イメージ 4
カムチェーンにもキズが付いていました。
撮影 2013年9月24日
イメージ 2
シリンダーにはサビの跡があり、特に2番は段付き摩耗していました。
撮影 2013年9月24日
イメージ 3
この時は、腰上だけをバラして応急修理し、復元。
エンジン全体のオーバーホールを近いうちに行うこととしていました。
撮影 2013年9月27日
イメージ 5
ようやくエンジンオーバーホールする環境に。
ワイセコ71ミリ 1045ccとして生まれ変わります。
イメージ 8
サビたシリンダーの中でなんとかもってくれたピストン。
36年間ご苦労さまでした。
イメージ 7
こんなに錆びていても、調子良くしっかり走っていました。
9月に開けた時からは、特に摩耗は進んでいません。
イメージ 9
ヘッドはバルブ新品交換と、シートカットをする予定。
ステムエンドも研磨して、バルブシム厚を2.5狙いにしておきます。
イメージ 10
シリンダーも綺麗に洗浄してボーリング加工へ。
スリーブは緩みも無く、デッキ面の段付きもない良い状態。
イメージ 11
ボーリング加工に出している間、腰下をやっつけてしまいます。
 


この記事へのコメント