角Z1000 エンジンOH  腰下点検

エンジンを降ろし、腰下にも問題がないか点検します。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 10
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 14
オイルパンには、何やら砂のようなものが。
イメージ 13
よく見ると、
破損していたカムチェーンローラーから落ちたゴム片が堆積したもののようです。
イメージ 2
その他は、いたって綺麗な状態です。
イメージ 4
ミッションギヤのドグも摩耗は無く、新品のように綺麗です。
イメージ 7
クランクの振れは0.01ミリ。ズレも全くありません。
点検棒がスルスル入ります。
イメージ 9
問題といえばクランクメインベアリングのボルトが1本折れたこと。
イメージ 5
ネジ山も傷ついたのでヘリサートで修理します。
イメージ 6
腰下には特に問題が無いことが解ったので、直ぐにでも組み立てできそうです。
イメージ 8
 


この記事へのコメント