Z1000J AMA化 リヤキャリパーサポート他

ジュラルミンの厚板からリヤのキャリパーサポートとトルクロッドを切り出します。
リヤアクスルが通る穴は、φ32ミリに外注加工してもらいます。
茶色いのははじめから貼ってある保護シートです。
イメージ 1
トルクロッドはS1をイメージしたシンプルな8ミリ厚のプレートタイプです。
イメージ 2
ブレーキサポートとのアライメントは計画通りになりました。
イメージ 3
リヤスプロケオフセットを5ミリにする関係で、
ホイールハブ内のカラーも5ミリ延長します。
元々3分割なので、中間パイプのみ5ミリ延長品に組み替えでコスト圧縮。
イメージ 4
スプロケカバーはレーシーにということで、
こちらの#21号車と同じようにカットとホール加工をします。
イメージ 5
軽くバフ掛けして完成。
Kawasaki文字とシフトパターンは残しておきます。
イメージ 6
 
イメージ 7


この記事へのコメント