Z1000J AMA化 タンク上げ加工

ワークスタイプバックステップは、塗装してこれで完成です。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
イメージ 4
次は、ワークス車と同じようにタンクを少し持ち上げる加工をします。
今回は、元にも戻せるような仕様で製作します。
 
先ず、リヤのブラケットはボルトオンでゲタをかませます。
イメージ 10
フロントのマウントは、元のバーを一旦削除して、
少し上に新しくマウント用の穴を開けます。
イメージ 5
元の位置には、脱着できるアルミバーを用意しておきます。
イメージ 6
上の穴はベースが傾斜しているので、
太いボルトを使って垂直に修正します。
イメージ 7
 
イメージ 8
こちらは裏側にフレームが通っているのでバーを貫通することができません。
ボルトナットで脱着できるマウントを形成します。
イメージ 9
タンクを持ち上げたことで、
ハンドルを切った時にステムとタンクが干渉します。
そこで、先ずステムの当たるところをできるだけ削除します。
イメージ 11
それでもフルロックまでは切れ角を確保できないので、
ハンドルストッパーをボルトで延長し、
切れ角を少し減らします。
イメージ 13
結果的にこのくらいのクリアランスまで攻めておきます。
イメージ 12
一応、実用的な切れ角は確保できます。
イメージ 14
タンクを持ち上げると、エンジン上に冷却風がよく流れそうです。
イメージ 15
ワークス車がタンクを上げるのは、
ブルーマグナムのスロットルケーブルを逃げるためだと思いますが、
見た目にも迫力が増す様な気がしますね。
イメージ 16


この記事へのコメント