Z1000J AMA化 試運転後のクラッチ交換

試運転の結果、チェンジペダルの操作をもう少し軽くしたいので、
レバー比を調整してみました。
イメージ 1
 
イメージ 2
他にも、クラッチの動作が悪いので、
結局、クラッチ本体を全部新品に交換することにしました。
1枚増やすために薄く設計された強化クラッチを使用していましたが、
反面、段付き摩耗が進行し易いので注意が必要です。
ノーマルプレート時代の段付き摩耗とズレるので、
余計に動きが悪くなったようです。
 
今度は純正のプレートに変更します。
スプリングも純正に戻します。
イメージ 3
クラッチは、プレートだけでなくハブやハウジングも消耗品と割り切ってください。
J系は車載で交換できるので便利ですね。
 
リヤブレーキは、アタリがついてきたので小径ですが効きは十分です。
スリットもはっきり目立つようになりました。
イメージ 4
シートを外した状態もご紹介します。
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7

この記事へのコメント