赤いFX1 AMA化 ミッションカバーのクラック

ノーマルマフラーを外したら、
フィルターカバーは集合管用のフラットタイプに交換します。
イメージ 1
使うメガホンマフラーは、標準のスモールバッフルからラージバッフルに変更です。
消音材は少ないので盛っておきます。
イメージ 2
キツキツにしてマスキングテープで締め上げておくと長持ちします。
音もこもった感じのいい音になります。
イメージ 3
公道走行用に中間バッフルで音量調整しておきます。
イメージ 4
スプロケカバーを外したら、中は大変なことになっていました。
ミッションカバーが大きく欠けています。
イメージ 5
断面は腐蝕しているので、
だいぶ前からこうなっていたようです。
イメージ 6
 
イメージ 7
オイル漏れは無く、欠けたのはフランジ部分だけかと思いましたがよくみると・・・
イメージ 8
プッシュロッドのオイルシールの穴までクラックが走っていました。
クランクケースは無事だといいのですが心配です。
イメージ 9
ミッションカバーは1000Jと共通なので、今でも純正新品が5000円強で買えます。
新品交換しておきましょう。
 
今回関係するところはなるべく先に分解していって、
不具合がないか先に点検しておきます。
後ろ周りは問題ないようです。
イメージ 10
オーナー秘蔵のモリワキカヤバ。
状態がいいのでオイル交換のみで使用できそうです。
ステムもザッパーに変更します。
イメージ 11


この記事へのコメント