かなり綺麗なZ1000R1のS1レプリカです

車検のご依頼です。
この状態で入手して初めての継続車検です。
フロントカウルもあります。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
オドメーターは2000キロ強なのでオリジナルかは解りませんが、
もしかしたら本当かもと思えるくらい綺麗なR1です。
イメージ 3
シート側面のネジはダミーでした。
テールカウルはフレームマウントのままです。
イメージ 4
エンジンはフルチューンされているそうで、
ツインプラグ化されていますが、詳細は不明。
フレームはリペイントされています。
イメージ 5
ブリーザーホースの曲がり部分が、
経年劣化で潰れてきているので直します。
もしホースが塞がると、ケース内圧でオイルシールが飛んだりします。
イメージ 6
曲がり部分にのみ、内径に合わせて巻いたスプリングを入れます。
イメージ 7
これでもう潰れません。
イメージ 8
リヤキャリパーは、ブリーザーの位置がおかしいので修正します。
奥側にブリーザーがないので、このままだとうまくエア抜きできません。
実際にブレーキペダルの踏み代が大きいので先に調べたらエアが残っていました。
イメージ 9
ブリーザーを奥に移動してフルード交換とエア抜きをします。
イメージ 10
ペダル軸のガタもとても多く、まだストロークが大きいので、
プッシュロッドの支点を外側の穴に変えてみます。
イメージ 12
S1ステップは、支点の位置変更に合わせてマスターも角度が振れるので便利です。
遊びも最小に調整して、やっとブレーキランプスイッチが作動する
圧まで上がるようになりました。
イメージ 11
チェンジペダルの軸もガタが大きいので、
ペダルは左右とも軸受けを作り替えたほうが良さそうです。
市販のS1ステップによくあるウィークポイントですね。
 


この記事へのコメント