TOT用1000Jアンダーカウルの更新

今まではZRX1100用のアンダーカウルを加工して付けていましたが、
今回はモンスタークラスなどの旧車向けに作られた汎用品を使います。
イメージ 1
汎用とのことでかなり大きめに作られていましたが、
後ろを10センチほどと、縁もフレームに合わせてそれぞれカットしました。
前方のアゴが出ていない希少なモデルです。
イメージ 2
 
 
イメージ 3
後ろはカットした分、堰を作って容量を確保しています。
イメージ 4
取り付けはワンタッチのズースファスナーを使用しています。
ブラケットはフレームにホースバンドで取り付けます。
イメージ 5
一般的な形状のアンダーカウルに比べ、
だいぶコンパクトで目立たなくなったのではないでしょうか。
イメージ 6
色もグレーとし、路面と同化するのを狙いました。
イメージ 7
 
AMAスタイルにアンダーカウルは似合わないと思うので、
更に目立たない形状を検討中です。
当面の目標は、マフラーとエンジンの間に設置することです。


この記事へのコメント