筑波スポーツ走行 2014年3月29日

深夜2時に到着したのですが、
既に40台ほどのトランポが列を成していました。
ピットは取れなかったので車検場奥でスタンバイ。
イメージ 1
今回の予約は前々日11時に取りましたが、
予約開始後1分もしないで完売となっていました。
本格的なシーズンインでしょうか、活気のあるパドック風景です。
イメージ 2
連れのMk2です。
首都高の渋滞で遅刻したので、ドタバタと準備し残り15分でコースイン。
10年ぶりの復活から今日で2回目の走行。
だんだんと感覚を取り戻しているようです。
イメージ 3
さて、私の方はTOT本番仕様での走行です。
今回からコンパクトにしたアンダーカウルを装着、
AMAルックのレーサーとしても違和感は最小限に抑えられたようです。
イメージ 4
フロントは、DAYMAG φ330アウターローター S1キャリパー
GREEN GARAGE製 アルミ鋳造インナーローター 中空アクスルシャフト
の組み合わせ。
イメージ 5
リヤは、DYMAG CP2696キャリパー S1スイングアーム
GREEN GARAGE製 φ234ローターキット
ワークスパフォーマンスはロッドを25ミリ延長した265ミリのものです。
イメージ 6
リヤブレーキをよく使うのでいつも結構温度が上がるのですが、
異常なテンパーカラーも無く、ホールの放熱効果が効いているようです。
イメージ 7
リヤショックのストロークは、全体の2/3ほど。
プリロードで車高を振るにもちょうどいい配分です。
イメージ 10
画像は1Gで20ミリほど沈んでいる状態です。
プリロードは10ミリ前後に設定してあります。
 
イメージ 9
 
イメージ 8
 
 
 


この記事へのコメント