1000Jレーサータンクに防爆材

コックをWにしたりブリーザーを付けたりしたので、
改造タンクということで、
レギュレーションに沿ってタンクに防爆材を入れます。
 
用意したのは50×50×400ミリの市販のものです。
1本当たりちょうど1リットルサイズなので、
取り合えず10本準備しました。
イメージ 1
ノーマルタンクの小さい給油口から入れ易い形状です。
イメージ 2
長い棒で押し込みながらタンクの中にきれいに詰めていきます。
イメージ 3
10本入れたところでちょうど口元まできたのでこれでOKでしょう。
イメージ 4
ガソリン残量が目視できないので、街乗りではちょっと不便ですね。


この記事へのコメント