S1タイプレーシングスタンド製作

S1を買うと付いてくるリヤのレーシングスタンドをモチーフに、
手軽な材料と方法で同様なものを製作します。
 
先ず、パイプを曲げる時に詰める砂は、ブラストのメディアを使用。
イメージ 1
パイプに詰めていきます。
イメージ 2
振動を与えて隙間なく詰めていきます。
イメージ 3
試しにこのベンダーの能力以上の120°まで曲げてみましたが、
大きくは潰れないで曲げることができたので、次は本番です。
イメージ 4
 
 
イメージ 5
メインパイプは1m余りのスチールパイプ2本です。
イメージ 6
ベンダーの都合で、左右2分割としています。
イメージ 7
勝手違いでもう片方を製作します。
イメージ 8
他のパーツと一緒に溶接して組み立て完成。
使い勝手をチェックします。
イメージ 9
本物と同様で、リフト量が大きさから一人で掛けるのはかなり大変です。
 
ちょっと下にある穴はシャフト用ですが、
こちらなら楽々上がります。
イメージ 10
フックを使ってジャッキポイントで上げたところ。
イメージ 11
シャフトを使ってアクスルで上げたところ。
イメージ 12
中空アクスルシャフトなら、FXでもリフトアップOK。
イメージ 13
塗膜が硬いアルキド樹脂塗料を刷毛塗りして完成。
イメージ 14


この記事へのコメント