角Z1000 AMAワークスタイプバックステップ Ver2 その2

サイドスタンドのスプリングを裏側に移植します。
先ず、フレーム側にフックを溶接します。
バイスクランプの先にあるのが削り出したフックの部品です。
イメージ 1
仰向けに寝た恰好で溶接します。
イメージ 2
スタンドにも裏側にフックとなるボルトを溶接し、
不要なステーは削除します。
イメージ 3
こう見ると、結構きれいな脚ですね。
イメージ 5
表側に突起物はありません。
これで最大限、ペダルを車体側に寄せられます。
イメージ 4
ステップシャフトの差し込み形状はこんな感じ。
イメージ 6
チェンジレバーのロッドエンドは、
シフトアップする時に干渉することもあるので削って逃がします。
イメージ 7
サイドスタンドブラケットをこのくらい削っておけば大丈夫。
イメージ 8
リヤブレーキホースは、レーシーにバラ部品からの組み立てです。
イメージ 9
ルートはノーマルと一緒です。
いずれ、キャリパーを下に持っていく時は、
ホースの長さを調整して組み直せばOK。
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
Z系の場合、クラッチカバーにつま先が当たるので、
ブレーキペダルは、あまり内側にはできません。
J系の場合は、もっと後ろに乗るので当たりませんね。
イメージ 13
今回は正チェンジですが、
逆チェンジにする時はロッドは前側の穴に取り付けます。
イメージ 14
 
 
イメージ 15
ノーマルサイドスタンドだと、
ペダルを内側に寄せるのは、このくらいが限界でしょうか。
イメージ 16
これで近代的外観のパーツはほぼ一掃できました。
「当時からこの仕様だよ。」
と言われても納得することでしょう。
イメージ 17
 
 
イメージ 18
 
この次は、オイルクーラーを垂直に付ける計画です。


この記事へのコメント