鉄S1スイングアーム 試作品完成

トルクロッド受けなどの小物を付けて、一応の完成です。
イメージ 1
トルクロッド受けはMk2用と同じものです。
メインのパイプがタイヤに近いので、
トルクロッドはスタビにマウントする方が自然でした。
スタンドフックは張り出しが大きいので、大径にして強度を確保しました。
これだけ伸ばせばS1用レーシングスタンドも使えます。
イメージ 2
トルクロッドはFXから移植したので長さが合っていませんが、
短くするだけでよさそうです。
イメージ 3
スイングアームの内幅はS1レプリカスイングアームと同じ
238ミリに広げてあります。
スタビとチェーンのクリアランスは現状で3ミリくらい。
イメージ 4
 
イメージ 6
キャッチタンク用の口は右前に付けてあり、
スイングアームのBOX部分を貫通してキャッチタンクまで伸ばしてあります。
イメージ 5
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
明日午前、テスト走行に行ってきます。
イメージ 9


この記事へのコメント