丸J銀 AMA化 フロント周りの分解

シフトシャフトガイドを溶接した試作品のミッションカバーを
取り付け確認します。
イメージ 2
シフトする時にガイドが付け根から少し傾くのが確認できました。
ガイドの先端で0.5ミリほど前後に動きます。
長期の使用に耐えるよう、後で補強することにします。
イメージ 3
とりあえず走ってみましたが、シフトフィーリングは問題ありません。
基本的にこの仕様で丸J用も製作することに。
イメージ 4
テストの結果、レリーズプレートの板圧は8ミリから10ミリに上げました。
フロント周りのパーツはほぼ揃ったので取りつけにかかります。
イメージ 5
ハンドル切れ角が狭くなり、ハンドルロックを移設するので、
フロント周りは一旦全バラに。
この後、フレームに溶接するパーツを付けていきます。
イメージ 1


この記事へのコメント