丸J銀 AMA化 オイルクーラーブラケット他取り付け

切れ角が減ってハンドルロックが穴に届かなくなったので、
中心寄りにもう一つ穴を設けます。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
オイルクーラーのアッパーブラケットです。
吊り下げのステーを先に溶接しておきます。
イメージ 3
取り付ける場所は、ネックのガセットの下側が切れているところです。
イメージ 4
ハンドル切れ角とコアの高さのバランスが一番いいポイントです。
アッパーブラケットを溶接したら、
ダミーのオイルクーラーとロアブラケットを吊り下げて、
下側のステーの位置を決めて溶接します。
イメージ 5
下側のステーは、
ワークスではフロントのジャッキアップポイントとしても使っていますね。
これで車重半分を支えるわけです。
イメージ 6
オイルクーラーの位置が決まったら、
アンダーステムのナットとコアの距離を最小限に確保して、
ハンドルストッパーの長さを決めて溶接します。
イメージ 7
 
 
イメージ 8
次に、ステムとタンクが干渉する部分を削って逃げを作ります。
イメージ 9
削った後、左からみたところ。
ストッパーに当てると、今見えてる隙間は1ミリ位になります。
イメージ 13
削ったら、研磨してエッジを丸めておきます。
イメージ 11
丸めてから塗装すれば、削ったところの違和感が少なくなります。
イメージ 10
フレーム側も塗装しておきます。
塗装は絵筆を使ったハケ塗りです。
イメージ 12


この記事へのコメント