FX1 AMA化 13段オイルクーラーの垂直マウント検討

フレームのガセットを切らずにオイルクーラーを垂直マウントすると、
当初、フルボトムした時に13段ではフェンダーと干渉していたので、
暫定で10段仕様にしていました。
フォークも10ミリ延長しています。
イメージ 1
完全にフルボトムしても干渉しないようにするには、
フレームに沿って付けるしかありません。
イメージ 2
マニュアル上でのフルストロークは140ミリです。
現実には130ミリ強入ります。
イメージ 3
今回は延長無しのノーマルフォークで検討します。
イメージ 4
奥多摩などでデータ取りしたところ、
65kgの私の場合は実ストローク90ミリでした。
バネはノーマル、油面はマニュアル通りです。
下りのフルブレーキ中にギャップを超えた時なので、
よほどのことがない限り、これ以上は沈まないでしょう。
ウイリー中に激しく落とした時は未確認です。
 
この場合だと13段でここまでは立てられます。
イメージ 5
オイルクーラーの上下に挟んでいる5ミリゴムシートを薄くして
更に高さを稼ぐと、
ここまでは立てられます。
イメージ 6
下の画像は車体が少し前上がりなので、
実際、オイルクーラーは少し前傾しています。
フォークは90ミリ入った状態です。
イメージ 7
下の画像は車体を水平にしてフォークは伸びきりです。
体重制限付きですが、ほぼ垂直に見える位置にできそうです。
ハンドル切れ角には影響しません。
アンダーステムをWにしても大丈夫です。
イメージ 8


この記事へのコメント